気軽な遊び方

おしり

昼キャバの最も大きな特徴として、営業時間の他にあげられる特徴が気軽であるという点です。
多くのお店が、セット料金が比較的安めに設定されています。
夜のキャバクラのセット料金から見れば、大体1000円からお店によっては数千円ほど安くなっていることが有ります。
さらに、ドリンクメニューもかなり豊富になっているのが特徴です。
夜の部の場合は、多くの場合男性はハウスボトルと呼ばれるウィスキーやブランデーが飲み放題で、女性のドリンクは有料です。
また、ハウスボトル以外のドリンクとしてビールやカクテルを注文する場合それは別料金になることが多いです。… Read more

女性の雰囲気

二人

昼キャバは女性の雰囲気が、夜のキャバクラとはかなり違ってくるという特徴があります。
それは、働く女性の層が全く違っているという点から生まれてくる違いです。… Read more

ゆるい雰囲気

白

昼キャバという業態は、その営業時間の関係上もともとあまり入客が多くないことは、経営側も理解しています。
そして、その結果としてノルマなどのシステムがさほど厳しくないというポイントが有ります。
それによって、働く女性キャストはのびのびと仕事をしています。
男性に同伴やボトルを下ろすように何度もお願いするようなことも少なく、純粋にお酒などのドリンクを交えて会話することに専念できます。
それが、独特の通いやすさにつながっているといえます。
Read more

お酒を飲まない空気

外

昼キャバという場所は、キャバクラと違ってお酒を飲まないといけないような空気は全く出ません。
昼間の仕事であるということもあって、キャスト自体がまずお酒を飲まないことが多いです。
そういった部分もあって、男性もお酒を無理に飲む必要がなく、仕事の合間に休憩のような形で立ち寄ることができます。
お酒を交えないということから、お酒が飲めない人でも気兼ねなくソフトドリンクを注文することができます。
そしてそれらのドリンクは、飲み放題に含まれているため安心して注文することが可能です。
この気軽さが、独自の通いやすさと人気につながっているといえます。
Read more

客層と遊び方

仰向け

昼キャバという場所は、営業時間の関係もあって夜のキャバクラとは客層がかなり変わってきます。
主にやってくるのは、午前中の営業を終えたホストや、夜勤従事者です。
彼らの場合、仕事自体が夜に当たるためなかなかキャバクラという場所に行きにくいという特徴があります。
その結果、昼キャバに楽しみに来ることが多いです。… Read more